トップ  >  

あまらびのまるごと大発見!!

あまらびのまるごと大発見!!

奄美大島の昔話や地元の人しか知らない情報など、ぼく『まるごとくん(仮)』が紹介します(・ω<)
「ここは昔はこうだった!」「わんのシマではこんな話があるどぉ~」など、奄美大島に関する情報で知っていることがあったら、ぜひ教えてくださーい☆彡
あと、奄美大島の昔の風景写真などをもっている方は提供してくださると助かります(^^)
情報提供のお問い合わせはこちらへ

★バックナンバー★
 第30回 / 第29回 / 第28回 / 第27回 / 第26回
 第25回~第21回 / 第20回~第16回 / 第15回~第11回 / 第10回~第6回  / 第5回~第1回 

第30回 作業場の近くにこんなものが・・・・。

6月も中頃になりまして、奄美大島はジメジメ&ムシムシな雨の日が続いています(^_^;)ちょっと憂鬱な気分になってしまうのですが、最近作業場の近くにきれいなものを発見しました!

syarinnbai

そうこれは南国奄美大島でよく見かける「ソテツ」です\(^o^)/でも、ちょっと普段の姿とちがう・・・。調べてみるとこれは「ソテツ」の雄花なんだそうですよ。こんなにきれいな黄色は初めて見たので思わず写真を撮ってしまいました(^_^)!自然の美しさってすばらしいですね☆彡

ページのトップへ

第29回 新年度になりました!

皆さんご無沙汰しています。
ずいぶんと更新が途絶えてしまってすみませんでしたm(__)m

新年度、全国的には桜が咲き乱れているこの時期。
奄美では4月2日(旧暦3月3日)に海開きが行われました!!
暖かい日であれば、日中半袖で過ごすこともできるようになってきて、奄美の観光シーズンが今年もやってきたなぁ~と感じます(*´艸`*)

大島紬を染める原料『シャリンバイ』の花が咲いていたので写真を撮りました。真っ白の小さい花がかわいいですよね(*´艸`*)

syarinnbai

ページのトップへ

第28回 奄美大島にまた冬が訪れた!?

奄美大島も本土ほどではありませんが、先週金曜日ごろからまたまた寒い日になってしまいました・・・。(今月初めまでは半袖でも過ごせるほど暖かかったのに・・・(;´∀`))
『奄美まるごと情報局』で今月行われている特集はハズレかと思っていたんですが、どうやら今の状態にうってつけのものになりそうですね(^^)
ただいま、「奄美まるごと情報局」では『奄美のあたたかいもの特集』として、食べ物やスポットなどを紹介しています。寒いときだからこそあたたかいものを食べて、あたたかいもので癒やされてからだも気持ちもポカポカにしたいものですね(*´艸`*)

第28回 奄美のあたたかいもの特集

ページのトップへ

第27回 奄美大島の桜は1月~2月が見頃!?

もう、2月になってしまいました。この時期、奄美大島では桜が咲き乱れています(もう、散り始めているかな・・・(^^ゞ)。
奄美大島など南方の地域に多く咲く桜は「緋寒桜(ヒカンザクラ)」といいます。
この桜は、一般的なものと少し違い、花が下を向いて咲きます。下から見上げると非常にきれいなものです。でも、この形のため花が舞い散ることはありません。だから、咲いている今が一番の見頃なんです!
この時期になると各地域で桜関連のイベントが企画されています。ウォーキングやマラソン大会などに参加して奄美大島の春を満喫してみてはいかがでしょうか??

第27回 緋寒桜

ページのトップへ

第26回 「カンツメ節」=娘の悲しい恋物語・・・。

 奄美大島のシマ唄に『カンツメ節』というものがあります。
これは、約180年前に宇検村の名柄集落の豪家にいたヤンチュ(奄美にあった一種の奴隷制度)の娘「カンツメ」と久慈集落の唄と三味線が上手な青年「岩加那」の悲しい恋物語を題材にしたもので、唄が生まれた宇検村の名柄集落のみならず、奄美大島の各地域でも歌われているとても有名なものなんです。
でも、奄美のシマ唄は、集落(シマ)の唄とも言われているので、同じ名前の唄でも地域や集落によって歌詞や唄い方がさまざまあります。もちろん、『カンツメ節』だって歌詞がいろいろあるんですよ。だから、一概にどれが正しいとは言い切れないんです。これもまたシマ唄の魅力ということでしょうか・・・。

宇検村の佐念山の峠には、二人が逢引きしてたと言われる場所近くに『カンツメの碑』というスポットがあります。
宇検村に行った際はぜひ立ち寄ってみてくださいね(^_^)!

第○回 カンツメの碑

紹介スポットの地図