平家漁法跡

満潮になると、海面が壁際まで押し寄せてきます。
潮の満ち引きを利用し、潮が引いていくと、石で囲んだ部分に魚が取り残されるという素朴な漁法です。
奄美大島には平家の落人伝説があり、この漁法も平家の落人が伝えたといわれています。