トップ  >  

西郷松

西郷隆盛が奄美に上陸した際、船を係留した松

西郷松

日本の歴史上でも有名な人物『西郷隆盛』は、奄美大島にもゆかりが深い人物です。
1859年、奄美大島に来た西郷は龍郷の阿丹崎湊に上陸しました。その際、船を係留したのがこの『西郷松』と呼ばれるリュウキュウマツです。
『西郷松』は、残念なことに2011年「立ち枯れ」という判断で切り落とされてしまい、現在は写真(↓)のように樹の幹部分だけが残っています。

西郷松

記念碑の後ろ側にまわると切られた幹が飾ってあります。(『西郷松本舗』敷地内)

西郷松

『西郷松』がある敷地には、観光客や島民にも人気のお菓子「まめぼっくり」「しいの実せんべい」の直売店『西郷松本舗』があります。
お土産や旅のおやつにおススメです。ぜひ、立ち寄ってみて下さい。
お店の方が『西郷松』にまつわるお話をしてくださるかもしれませんよ・・・!

西郷松


海を楽しむ特集

体験しよう特集


= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ

◎龍郷町役場から西郷松への行き方

奄美北部の笠利方面から、国道58号線を名瀬方面へ向かうと、正面に龍郷町の役場が見えてきます。

西郷松

この交差点は三叉路になっていますが、この交差点を右折します。

西郷松

道なりをまっすぐ進む(約10分)と、右手に『西郷松』の案内看板が見えてきます。
その左手側にあるのが西郷松です。

西郷松


= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ