トップ  >  

奄美パーク

奄美最大級の観覧型観光施設

奄美パーク

駐車場の正面に見える、ドーム状の建物が、奄美の自然や文化・歴史を感じることができる奄美の郷。

館内は有料エリアと無料エリアに分かれる。

まずは、有料エリアのご紹介。

入場すると、すぐ右手に、受付と券売機がある。

有料エリアを観覧希望の方はここでチケットを購入。

ちなみに、入場料は、以下の通りです。

◎奄美の郷 入場料

大人 310円(620円)
高校生・大学生 210円(410円)
小学生・中学生 150円(310円)

※幼児は無料、20名以上の団体様は団体割引もあります。
※( )内は田中一村記念美術館との共通観覧料。

中に入ると、まず迎えてくれるのは海の道。

奄美パーク

奄美の海の中の様子が、映像や展示物で体感できます。

次に見えてくるのは、シマの道

奄美パーク

集落の暮らしぶりなどが、紹介されています。

壁沿いには、奄美の行事や昔ながらの仕事などが写真で紹介されています。

奄美パーク

最後に見えてくるのは、森の道。

奄美パーク

奄美の森の様子を、見ることができます。

よ~く見ると、ほたるが見えるかも。

でも、ハブもでるから、気を付けて!

奄美パーク

スマートフォンをお持ちの方は、入り口でAR対応のアプリをインストールしてみてくださいね。

展示物のQRコードを読み込むと、いろいろな面白いものを見ることができますよ。

奄美パーク

展示館を出ると右手にあるシアターでは、奄美の自然や文化を映像で見ることができます。

奄美パーク

以上が、有料エリアの紹介です。

折角ですから、無料の展示エリアも見てみましょう!

入り口近くのブースでは、6個のモニターで各島それぞれの四季折々の表情を一度に見比べることができますよ。

奄美パーク

メインは島々の情報を紹介したインフォメーションコーナー。

奄美パーク

各島の展示ブースでは、島の立体模型や展示物、映像でそれぞれの島の特徴などを紹介しています。

奄美パーク

こちらは大画面のタッチパネルを使ったゲーム感覚で奄美の生き物を学べるコーナー。

画面の中に隠れている生き物たちを探してみてね。

奄美パーク

さらに奥に進むと、昔ながらの民家を移築した遊びの庭。

奄美パーク

有料展示コーナー出口横には、こちらも体感ゲーム感覚で八月踊りを楽しめるコーナーもあります。

奄美パーク

お手本を見て、一緒に踊ってみてくださいね。

奄美パーク

最後に、診断結果も出ますので、一生懸命練習してみてね。

館内中央には、さまざまなイベントが開催されるイベント広場もあります。

奄美パーク

奄美の郷から、一歩外に出ると、広々とした芝生が広がる多目的広場。

奄美パーク

笠利や喜界島を一望でき、空港を離発着する飛行機が大迫力で見ることができる展望台。

奄美パーク

奥には、人気の田中一村記念美術館もあります。

◎奄美パーク情報

開園時間 9:00~18:00
(7・8月は9:00~19:00)
入館は、閉館時間の30分前までです。
休園日 毎月第1・3水曜日 (祝日の場合は翌日)
(4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月30日~1月3日は開園)
住所 鹿児島県奄美市笠利町節田1834
電話番号 0997-55-2333

もっと、詳しい情報を知りたい方は、奄美パークの公式ホームページへ。

奄美パーク公式ホームページ

奄美を丸ごと体感できるテーマパーク、それが「奄美パーク」です! 


海を楽しむ特集

体験しよう特集


= カテゴリー =
笠利食べる 笠利泊まる 笠利買う 笠利遊ぶ

空港の駐車場から、出口へ向かうと、T字路にぶつかります。

奄美パーク

ここを、名瀬市街地方面に、左折です。

奄美パーク

5分ほど、道なりに行くと、左手に看板、右手に奄美パークへの入り口が見えてきます。

奄美パーク

ここを、右折します。

奄美パーク

奄美パークへ到着です。

奄美パーク

 


= カテゴリー =
笠利食べる 笠利泊まる 笠利買う 笠利遊ぶ