トップ  >  

大島紬村

奄美の歴史と伝統の技術が息づく場所

大島紬村

ここが、大島紬村の入り口。

大島紬村

入り口の門をくぐると、緑あふれる園内が南国の雰囲気を醸し出す。

大島紬村

入場料は以下の通り

◎大島紬村の入場料

大人 500円
小人(小中学生) 200円

※20名様より団体割引あり。

入り口で入場料を払うと、ガイドが一緒に回る時間が書いてあるので、ガイドと一緒に回ることを強くお勧めいたします。

この大島紬村は、ガイドの説明を聞きながら回ることで、大島紬への理解力が全然変わってきますし、より楽しめるはずです。

ここには、泥染め発祥の地という伝説があるんですね。

大島紬村

最初の建物は、泥染め技術保存館です。

写真の大釜では、テーチ木(和名:シャリンバイ)を煮込んでいます。
20時間ほどかけて煮込むそうです。

この煮汁で糸をもんでいくと、テーチ木に含まれているタンニンという成分によって糸が染まっていきます。

大島紬村

外では職人さんが、泥染めの作業を行っています。

先ほどの煮汁で染めた糸を、泥田でもみこんでいく工程です。
糸を泥田に沈め、もんで、たたいて、糸の奥までしみこませていきます。
見ているだけも、重労働であることが伝わってきます。

大島紬村

白い糸が、変わって行く様子がわかりやすく展示されています。

大島紬村

こんな風に変わって行くんですね。

大島紬村

次の建物は、伝統工芸名人の間です。

ここでは、大島紬が作られていくまでの工程を見学することができます。
大島紬には、1本1本の糸をどう組み合わせて、図柄や模様を表現するかという非常に緻密な設計図があります。
ものすごく細かい作業で、説明を聞いているだけで、気が遠くなりそうな感じです。

男性が行っているのは、図案に従い文様部分を固く織り込む作業です。
ここで使用している締機は、力がいるので主に男性の仕事であるそうです。

大島紬村

糸を図案に従って、染めている作業です。

大島紬村

1本1本の糸を図案に従って、色を付けていくそうです。

相当、細かく緻密な作業ですね。

大島紬村

写真で織っているのは白い生地、いわゆる白大島と呼ばれるものです。
ここでは、1本1本の糸を丁寧に合わせて、模様を作り出していくそうです。
すごいの一言!

大島紬村

これが、私たちが見慣れた大島紬ですね。
ここまで来るまで、気の遠くなるような作業を経ているんですね。

大島紬村

建物を一歩外に出ると、緑に囲まれた園内は、歩くだけで気持ちを和ませてくれます。

大島紬村

高倉がみえてきたので、そろそろ出口です。

大島紬村

この高倉も、大島紬村の職人さんが大切に手入れをしている高倉で、これだけの良い状態を維持している高倉は奄美でも珍しいそうです。

大島紬村

帰る前に、大島紬村のショップをぜひ見ていきましょう。
従来の着物だけでなく、小物からネクタイ・マフラーまで、様々な商品を取りそろえているので、きっとあなたのお気に入りが見つかると思います。

大島紬村

スタッフの越間さんにおすすめのポイントをうかがいました。

大島紬村

「大島紬は、緻密な計算と高度な技術で織り上げられています。
大島紬は一般的に高価なものではありますが、ここでの工程を見ていただければ、なぜそれだけの値段がするのか、その理由をきっとご理解いただけるものと思います。
そのことを理解するためにも、ぜひガイドと一緒に園内をお回りください。
この施設で大島紬への理解を少しでも深めていただければ、うれしく思います。

ほかにも園内には自然が豊富で、南国特有の植物が生えていたり、天然記念物の野鳥が顔を見せたりするので、その辺も注意しながら散策していただければと思います。
出口のギャラリーショップでは、従来の発想にとらわれない紬製品も販売しておりますので、お帰りの際にぜひ一度ご覧ください。」

現代社会は、洋服を着ることが主流となり、和服の需要は激減しているそうです。
大島紬も例外ではなく、非常に厳しい状況であるそうです。
この大島紬村は、そのような時だからこそ、ぜひ見ていただきたい施設です。
1枚の大島紬ができるまで、どれだけの手間がかかっているのか、実際に見ると、皆さんきっと驚かれると思います。
大島紬への職人さんたちの技術や思いというものが感じられるおすすめの施設です。

もっと、大島紬村の情報を知りたい方は、こちらをどうぞ
  ↓     ↓     ↓     ↓

大 島 紬 村 の 公 式 ペ ー ジ

◎大島紬村のご利用案内

営業時間 9:00 ~ 17:00
休園日 年中無休
住 所 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945
電話番号 0997-62-3100

◎大島紬村からのお知らせ

大島紬村にて入場料を支払い時に、スマートフォンで「奄美まるごと情報局」の画面を見せていただくか、「奄美まるごと情報局を見ました」と言っていただければ、入場料が10%オフになります。
ぜひ、ご利用区ください。

まるごとクーポン


海を楽しむ特集

体験しよう特集


= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ

◎国道58号線からの大島紬村への行き方

国道58号線を笠利方面から、龍郷役場の方面へ向かっていると、左上に看板が見えてきます。
龍郷方面から来た場合は、屋入トンネルを抜けて、少し下ったあたりです。

大島紬村

ここを、左折します。

大島紬村

ちょっと細い道ですが、道なりに行きましょう。

大島紬村

カーブを曲がると、すぐに大島紬村が見えてきます。
到着です。

大島紬村


= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ