トップ  >  

夢おりの郷

紬体験から、思い出の作品作りまで!

夢おりの郷

「夢おりの郷」は、大きく分けて、「みる」、「おる」、「そめる」、「つける」、「つくる」と、5つの体験を楽しむことができます。

夢おりの郷

◎「みる」体験

奄美大島の特産品でもある本場大島紬の製造工程を、スタッフの説明を聞きながら見学することができます。

〇「設計図の作成」

昔は、すべて手書きだったそうですが、今はパソコンでできるようになりました。
大島紬専用のデザインソフトがあるんだって。

夢おりの郷

〇「しめばた」

かすりの模様を作る工程。
ここはちょっと力が必要なので、主に男性の仕事となるそうです。

夢おりの郷

〇「すり込み染色」

糸に色を付けていく作業。
絵柄に合わせて、糸に色をすり込んでいきます。
緻密さ、正確さが要求される、まさに職人技です。

夢おりの郷

〇はたおり

1本1本の糸が、組み合わさることによって、模様が浮かび上がってきます。
大島紬というと、この「はたおり」のイメージが強いですよね。
でも、見ていると、やっぱり大変な作業ですよ。

夢おりの郷

こんな感じで製作工程を見学できますが、さらに時間があるという人は希望すれば、染めの工程なども見学させていただけますよ。

こちらも、ちょっとだけご紹介。

この窯で、染めに必要なテーチ木の煮汁を煮出します。

夢おりの郷

藍染は、この汁を使います。

夢おりの郷

屋外にある、泥染用の泥田です。

夢おりの郷

施設内には、ここで製造された大島紬が展示されています。

夢おりの郷

販売もしているので、気に入ったものがあれば、ご購入も可ということです。

夢おりの郷

財布や名刺入れなど、紬を使った小物の販売も行っています。

夢おりの郷

この工程を、全部まわると、大島紬という着物のすごさみたいなものが伝わってくると思います。
ちなみにこの見学は、「少しでも多くの方に大島紬を知ってもらいたい。」という施設のご好意で無料で見学することができます。
ただし、施設の混み具合などで見学コースがかわったり、対応に時間がかかる場合などもあるそうですので、あらかじめご了承ください。

◎「おる」体験

おひとり様 1980円(約90分)

実際のはたおり機を使わせてもらって、はたおりの体験ができます。
ちょっとしたコースターやランチョンマットなどを、作ることができます。

夢おりの郷

◎「つける」体験

おひとり様 1980円(約60分)

実際に、大島紬を着る体験ができます。
実は、「夢おりの郷」で最も人気の体験コーナーがこのコーナー。
子供用や男性用もあるので、大島紬を着ての家族全員で記念写真、奄美旅行の仲間同士での思い出写真、カップルでの記念写真など、思い出作りにも最適ですよ。
カメラを持っていないという人も、施設の方で記念写真を撮ってくれるのでご安心ください。
大島紬を着る体験なんて、めったにできるものではありませんよ~。

夢おりの郷

◎「そめる」体験

おひとり様

  • ハンカチコース  1540円(約60分)
  • Tシャツ・ショールコース 3080円 (約60分)

泥染めや藍染めの体験ができます。
世界に1枚しかないこんなTシャツやハンカチも、自分で作ることができますよ。

夢おりの郷

◎「つくる」体験

こちらでは、きょら玉作り、ゼリーキャンドル作り、きょら砂・きょら貝アートの作成体験もできます。

〇きょら玉

おひとり様 1540円

ガラスで、こんなきれいなアクセサリやストラップを作ることができます。

夢おりの郷

〇ゼリーキャンドル

おひとり様 1210円

メッセージ入りのきれいなキャンドルを作ってみませんか。

夢おりの郷

〇きょら砂・きょら貝アート

おひとり様

  • きょら砂・きょら貝体験 1540円 (セット価格)

自分だけのオリジナル作品もつくれますよ。

夢おりの郷

旅の記念や思い出にぜひご利用ください。

最後に、スタッフの南さんにお話を伺いました。

夢おりの郷

夢おりの郷は、「伝統とは常に新しい挑戦の積み重ね」をモット-に、新しい大島紬を作り続けております。
通常は下請け分業制で作ることの多い大島紬を、図案からはた織まで一貫製造しているため、当施設で各工程の見学をすることができます。

大島紬は1300年以上の歴史があり、世界三大織物の一つに数えられる大変貴重な織物ですが高価な上、着物に馴染みが無い方にはあまり目に触れる機会も少ないかもしれません。
半年から一年ほどかけて作られる製造行程を見ていただくとお値段に納得していただける方も多いのですが・・・

もっと気軽に大島紬を感じたい!
そんな方には当施設の染めや織り、着付けの体験をおすすめいたします。
普段は染めや織りの職人をしているスタッフが、心をこめて丁寧に対応いたしますので初めての方もお気軽にどうぞ。

大島紬を通じて感動をお届けできたら幸いです。
みなさまのご来店心よりお待ち申し上げます。

= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ

◎龍郷町役場から夢おりの郷への行き方

奄美北部の笠利方面から、国道58号線を名瀬方面へ向かうと、正面に龍郷町の役場が見えてきます。
この交差点を、そのまま国道沿いに進みます。

夢おりの郷

車で、5~6分ほど進むと、見通しのいい直線の左手に「夢おりの郷」の看板が見えてきます。

夢おりの郷

看板のところで、左折すれば到着です。

夢おりの郷


= カテゴリー =
龍郷食べる 龍郷泊まる 龍郷買う 龍郷遊ぶ