トップ  >  

原ハブ屋 ハブと愛まショー

奄美の自然の守り神としてのハブ

奄美空港から、県道601号線を市街地方面へ車で、7~8分ほど進んだ所に「原ハブ屋」は位置しています。

原ハブ屋

その「原ハブ屋」で連日開催されている人気のショーが、「ハブと愛まショー」。

原ハブ屋

ショーの会場は、透明な板で覆われているので、ヘビが苦手という方も大丈夫ですよ。

原ハブ屋

原社長曰く、「中にはハブは空を飛ぶという人もいますけど、今までにこの柵を飛び越えていったハブはいません。(笑)」ということです。
ちなみに、ハブは空を飛びませんよ~。

ショーの中では、原社長自ら、軽妙なトークで、わかりやすくハブの生態などを説明してくれます。

原ハブ屋

もちろん、実際に、生でヘビを見せていただけます。
ちなみに、こちらは、「アカマタ」という無毒のヘビです。

原ハブ屋

客席からボード越しに見ると、こんな感じ。
大丈夫でしょ。

原ハブ屋

こちらは、「ヒメハブ」。
奄美のヘビは、全部ハブと思っている方も多いと思いますが、実は何種類もいるんですよ。

原ハブ屋

この「ヒメハブ」は、おとなしいヘビで、こんなに近づいても攻撃性は出さないそうです。
このような、ヘビごとの違いなども、分かりやすく説明してくれます。

原ハブ屋

さて、最後は真打登場!
これが、奄美の「ハブ」です。
やっぱり、迫力があります。

原ハブ屋

実際にハブを目の前にしながら、ハブについての説明をしてくれます。

原ハブ屋

最後のメインイベントは、原社長自ら、ハブを捕まえる名人芸を披露してくれます。
会場が暗くしてあるのは、本来のハブは夜行性であることから、実際に近い状況を演出しています。

原ハブ屋

勝負は、一瞬です。
カメラでもとらえきれないほどの、早業!

原ハブ屋

見事、捕獲に成功です。
この光景は、この原ハブ屋さんのこのショーでしか見ることができませんよ。
必見です!。

原ハブ屋

1日3回公演ですので、予約制となっておりますので、観覧希望の場合はお問い合わせの上ご来場ください。

原ハブ屋

また、様々なハブグッズの販売も行っておりますので、こちらもどうぞ。
ショップだけの利用も、可です。(もちろん無料。)

原ハブ屋

◎原ハブ屋「ハブと愛まショー」のご利用案内

開演時間 午前11時~
午後2時~
午後4時~
料金 大人 800円
子供 500円
電話番号 0997-63-1826

最後に、原社長に、ショーの見どころをおうかがいしました。

原ハブ屋

ハブというと、危険な毒蛇で恐いという印象があるかもしれませんが、当原ハブ屋の「ハブと愛まショー」は、”恐くて楽しい愉快なショー”です。
もちろん、観覧のみなさんが危険ということは一切ありませんし、必ず奄美に来た際の一生の思い出になることと思います。
私が、このショーを通して、みなさんに理解していただきたいのは、ハブに対する誤解が世間にはあふれていて、しかもその誤った情報が半ば本当のこととして語られていることです。
たとえば、「奄美では、街中にもハブがうようよいる。」、「ハブは、人を見かけると襲いかかってくる。」、「ハブは空を飛ぶことができる。」など、すべて誤解です。
ハブは毒蛇として確かに危険ではありますが、その一方で、奄美の自然の守り神として、奄美になくてはならない存在でもあるのです。
野生のハブは、決して攻撃的でもありませんし、むやみに人を襲うわけでもありません。
ハブの毒も、ハブが獲物を消化するために必要なものであって、決して人を襲うためのものではないのです。
また、ハブが人を襲うときというのは、人がハブのテリトリーに入り込んでしまい、身の危険を感じたハブが自分の身を守るための行為です。
ですから、観光客の方が、普通に観光していて、ハブに襲われるということは、まずないので安心してください。
そのような誤解や偏見を、このショーを通して理解していただきたいのです。
最初は怖いかもしれませんが、このショーを見て、ハブは決して危険なだけの生き物ではないんだということをご理解いただき、ショーをお楽しみいただければと思います。
奄美にお越しの際は、ぜひ「原ハブ屋」にお立ち寄りください。
皆様のお越しを、ハブと一緒にお待ちいたしております。


海を楽しむ特集

体験しよう特集


= カテゴリー =
笠利食べる 笠利泊まる 笠利買う 笠利遊ぶ

◎原ハブ屋への空港からの行き方

空港の駐車場から、出口へ向かうと、T字路にぶつかります。

原ハブ屋

ここを、名瀬市街地方面に、左折です。

原ハブ屋

5分ほど、道なりに行くと、左手に看板、右手に奄美パークへの入り口が見えてきます。

原ハブ屋

ここを、道なりに進みます。
そのまま、道なりに4~5分ほど進むと、見えてきました。
坂をくだった奥の建物が、原ハブ屋です。

原ハブ屋

原ハブ屋へ到着です。

原ハブ屋


= カテゴリー =
笠利食べる 笠利泊まる 笠利買う 笠利遊ぶ