トップ  >  

マテリヤの滝

本当に美しい太陽の滝壺

マテリヤの滝

 

滝壺へは、ちょっとだけ歩きます。

マテリヤの滝

結構、気が生い茂っているので、昼間でも薄暗く感じます。

マテリヤの滝

ちょっと、細くなったりしますが・・・

マテリヤの滝

マテリヤの滝が見えてきました。

マテリヤの滝

滝としては、大きさはそれほどでもありませんが、昔の旅人は薄暗い山道を歩いていて、この滝に太陽の光が差してるのを見ると、その美しさに感動したそうです。
その様子が、「本当に美しい太陽の滝壺」と称賛し続け、現地の言葉がなまっていくうちに「マテリヤの滝」という名前になったそうです。

マテリヤの滝

まさに、奄美の山のオアシス的存在だったんでしょうね。

ちなみに、結構な水量です。

マテリヤの滝

滝の周囲の風景もすごく静かで、なかなか幻想的な場所です。

マテリヤの滝


海を楽しむ特集

体験しよう特集


= カテゴリー =
大和村食べる 大和村泊まる 大和村買う

◎大和村役場からマテリヤの滝への行き方

マテリヤの滝へは、いくつか行き方があるのですが、今回は一番名瀬側から近く、わかりやすい道をご紹介いたします。
紹介するのは、大和村大棚ルートです。

 

名瀬方面から県道79号を下ってくると、右に見えるのが大和村役場。

マテリヤの滝

この交差点は直進です。
大和村役場方面から宇検村方面へ走ります。

マテリヤの滝

毛陣トンネルを抜け、大棚集落入り口手前の海沿いで、左手に看板が見えてきます。

マテリヤの滝

ここを、左折し、いよいよ山道に突入です。

マテリヤの滝

少し登ると、道が二手に分かれます。

マテリヤの滝

ここは、道なりで右に行きます。

マテリヤの滝

さらに、登っていくと、また道が二手に分かれます。

マテリヤの滝

ここは、左折します。

マテリヤの滝

さらに、合流して来るような形で道が、二手に分かれます。

マテリヤの滝

これは道なりで、右側に進みます。

マテリヤの滝

しばらく進むと、マテリヤの滝の入り口が見えてきます。

マテリヤの滝

右側が少し広くなって、車が止められるようになっていますので、ここからは歩きです。

マテリヤの滝

反対側に入り口があります。

徒歩にして、2~3分ですが、階段がありますので、お気をつけて。


= カテゴリー =
大和村食べる 大和村泊まる 大和村買う