奄美大島観光マップ

奄美大島観光マップ

奄美大島観光マップでは、奄美大島でも人気があり、おすすめの観光地を,写真を豊富に使いご紹介させていただいております。
それぞれの観光地の紹介記事には、現地への行き方も写真入りでご紹介させていただいておりますので、ぜひご活用ください。
みなさん、奄美大島で素敵な思い出を作ってくださいね。

奄美大島観光マップ(地図をクリックすると拡大表示されるよ)

奄美大島観光マップ

◎ 笠利地区

奄美空港のある笠利町は、まさに奄美大島の玄関口。美しい海とサトウキビ畑に囲まれたこの地域には、奄美パークなどの観光施設から、あやまる岬などの景勝地、用安海岸・土盛海岸など奄美を代表するビーチもあり、観光客にも人気の高い地域。河瀬直美監督のカンヌ映画祭出展作「二つ目の窓」の撮影地でもある。
主な観光施設 : 奄美パーク、あやまる岬など
笠利地区の詳細情報はこちら↓↓↓

◎ 龍郷地区

奄美の伝統産業でもある大島紬発祥の地といわれている龍郷町。そのため、泥染めなど大島紬関連の施設が集中している。また、倉崎海岸など笠利龍郷湾近辺はダイビングスポット、手広海岸周辺はサーフィンスポットとして人気の場所。西郷隆盛が、奄美への島流し中に暮らしていた場所としても有名。
主な観光施設 : 倉崎海岸、自然観察の森など
龍郷地区の詳細情報はこちら↓↓↓

◎ 名瀬地区

官公庁や金融機関などが集まる奄美の中心地。大型スーパーや宿泊施設・飲食店なども数多く営業している。特に屋仁川通りは、居酒屋、バー、スナックなどが集中しており、奄美の夜を楽しむナイトスポットとなっている。街から、少し離れているが大浜海浜公園は、奄美でも最も有名な海水浴場。
主な観光施設 : 大浜海浜公園、海洋展示館など
名瀬地区の詳細情報はこちら↓↓↓

◎ 住用地区

深い森と山、おだやかな内海とマングローブ原生林が共存する自然豊かな場所。マングローブ原生林で実施されているカヌーツアーは、奄美大島でも一、二の人気を争う観光メニュー。周囲の山は野生動物の宝庫でもあり、アマミノクロウサギを探しに行くナイトツアーなども盛んな地区。
主な観光施設 : マングローブパーク、マングローブ原生林など
住用地区の詳細情報はこちら↓↓↓

◎ 大和村地区

東シナ海と山に囲まれており、海岸線に沿う形で道が続いているので、ドライブコースにも最適。フォレストポリス、マテリヤの滝などで、奄美の山や森を身近に感じることもできる。また、今里の立神、徳浜の断崖など大和村でしか見ることのできない独特な景勝地も多い。
主な観光施設 : フォレストポリス、野生生物保護センターなど
大和村地区の詳細情報はこちら↓↓↓


◎【特集】しまバスで行こう!奄美の旅

【特集】しまバスの旅


◎ 宇検村地区

焼内湾をぐるっと囲むように位置する宇検村。奄美最高峰である湯湾岳の展望台からは、焼内湾と宇検村を一望できる。人口のビーチであるタエン浜や、屋鈍浜などの海水浴場もあり。また、湾内に養殖場などが数多くあり、魚が豊富なため、釣り人にも人気の地区。
主な観光施設 : 湯湾岳展望台、タエン浜など
宇検村地区の詳細情報はこちら↓↓↓

◎ 瀬戸内地区

奄美第2の都市である古仁屋。その古仁屋地区を中心に、加計呂麻島、請島なども含め、大島海峡を囲むように位置するのが瀬戸内町。複雑な地形の大島海峡は、景勝地としても、ダイビングスポットとしても人気の場所。マグロやイセエビなどの海産物も豊富な街。元ちとせの出身地でもある。
主な観光施設 :瀬戸内海の駅、ホノホシ海岸など
瀬戸内地区の詳細情報はこちら↓↓↓


= カテゴリー =
center-ta center-to center-ka center-a center-b center-ko

◇◆◇奄美まるごと情報局応援スポンサー◇◆◇

南西テレワークセンター 広告掲載案内へ
広告掲載案内へ 広告掲載案内へ 広告掲載案内へ

ページのトップへ